ルテインとは

ルテインとは


ルテインとは


人気を集めているのが、ルテインのサプリメントのようです。

 

 

ほうれん草や卵黄に含まれるカロテノイドの一種であるルテインは、目に良いとされる成分で抗酸化効果があります。

 

 

人体には眼球の網膜や水晶体、皮膚に存在します。

 

 

ルテインは体内では生成できないため、サプリメントや食事に頼らざるをえません。

 

 

ルテインは年齢を重ねると共に体内では減少しやすくなるため、サプリメントで摂取することがすすめられています。

 

 

ルテインのサプリメントが注目されている背景には、パソコンの使用や目の使いすぎによる眼精疲労に悩む現代人が増加していることが挙げられます。

 

 

ルテインのサプリメントが評価されているのは、目の健康に効果的な栄養素として優れている点です。

 

 

光をブロックする働きや、細胞が酸化ダメージを受けないよう守る働きが、ルテインにはあるそうです。

 

 

紫外線だけでなくパソコンのディスプレイなどから発せられる青い光からのダメージを守る働きも、青い光を吸収する役割があるためあるといいます。

 

 

白内障や加齢黄斑変性症のリスクが、ルテインが体内で不足することによって高まるといわれています。

 

 

眼疾患は加齢に伴って起きるものと言われていました。

 

 

最近では食生活の偏りや光による目への負担なども関わっていると考えられていますので、ルテインのサプリメントを活用しましょう。

 

 



関連ページ

ルテインサプリメントについて
ルテイン〜ルテインサプリメントについてについての説明しています。
ルテインと目の関係
ルテイン〜ルテインと目の関係についての説明しています。