ルテインと目の関係

ルテインと目の関係


ルテインと目の関係


よくサプリメントに見かけるルテインは、目にいい成分として人気があるといいます。

 

 

網膜の黄斑部にルテインはたくさん存在しており、重要な関わりが黄斑部の働きにあると考えられているようです。

 

 

ものをはっきり見るための高解像度視力を作り出す黄斑は、水晶体の真後ろに存在しています。

 

 

黄斑の色素濃度を高めることが、サプリメントなどでルテインを摂取することで可能となります。

 

 

加齢黄斑変性を予防する効果があると言われています。

 

 

網膜を黄斑色素が守ると考えられていることから、黄斑色素濃度の計測が目の健康状態を測る指針として行われていたようです。

 

 

もともと黄斑部と水晶体だけに存在すると考えられていたのがルテインです。

 

 

近年では眼球内のあらゆる組織にルテインが含有されていることが知られ、サプリメントへの関心が高まっています。

 

 

黄色色素のカロテノイドという成分であるルテインは、青い体に有害な光を吸収する特徴があるようです。

 

 

目を老化から守る作用が期待されているのは、目の抗酸化力を高めるからです。

 

 

体内で、食事やサプリメントから摂取されたルテインは一定量は蓄積されているようです。

 

 

この蓄積量が40歳前後から少しずつ減少し始めます。

 

 

ルテイン摂取をサプリメントなどで考えると目を守る効果が期待できるのは、40歳を過ぎた頃からかもしれません。

 

 



関連ページ

ルテインとは
ルテイン〜ルテインとはについての説明しています。
ルテインサプリメントについて
ルテイン〜ルテインサプリメントについてについての説明しています。