レシチンとは

レシチンとは


レシチンとは


レシチンのサプリメントが人気があるといいます。

 

 

ギリシャ語で卵黄を意味するレシトースが語源であるレシチンは、リン脂質と呼ばれる脂質の一種です。

 

 

サプリメントとしてレシチンが関心を集めているのは、レシチンの持つ様々な特性によります。

 

 

レシチンには、油を水に溶け込ませる乳化力や皮膚や粘膜から物質を透過吸収する浸透作用があります。

 

 

生命体を構成している細胞は、細胞膜を通して物質をやり取りしたり排出しています。

 

 

浸透作用にレシチンに関係があるといいます。

 

 

たんぱく質と脂肪が結びついて血液中に溶け込んだり、体内に貯蔵される働きにも欠かせないのが、レシチンの浸透作用です。

 

 

1つ1つの細胞には必ずレシチンが含まれており、体重60kgの人には600gのレシチンが存在しているといいます。

 

 

細胞が不具合を起こすのは、体内でレシチンが減ることが原因で、新しい細胞が作られにくくなったり、不必要な成分が排出されず細胞の中に留まったりしてしまいます。

 

 

不具合が細胞に起きないよう、生き生きとした状態に個々の細胞を保つためにレシチンはなくてはならない存在なのです。

 

 

卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、レバーなどにレシチンは存在しますので、サプリメントでもいいですが、毎日の食事にも気をつけましょう。

 

 

原材料によってサプリメントに用いられるレシチンは分類され、卵黄レシチンのサプリメントや大豆レシチンのサプリメントというような呼び名で分別されます。

 

 



関連ページ

レシチンの摂取方法
レシチン〜レシチンの摂取方法についての説明しています。
レシチンの効果
レシチン〜レシチンの効果についての説明しています。